ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【ビルドアップ】

○ビルドアップ
徐々にスピードを上げていく練習です。
ウォーキングのスピード幅が大きければ大きいほど、有効なトレーニングになります。
疲れてくる後半に向けてペースを上げる、という練習になるので
「ペース配分」「スタミナアップ」
の、良いトレーニングになります。

ここでいう「スピード幅」とは、
一番遅いスピードで歩いた時の時速と、一番速く歩いた時の時速との差の大きさです。

一番遅いは、単純にゆっくり歩けば良いので、いくらでも遅く歩けますが
一番速いは、通常のウォーキングの速い人でも8㎞前後(競歩であれば時速16㎞)

スピード幅の差を付けられれば、非常に良い練習になります。

一般的なウォーカーがビルドアップをしようとすると、スピード幅が狭いので
難しい練習になります。

コツは「自分の力を見極める」ことです。

大学生の選手でも、このビルドアップを苦手としている選手は多いです。
それは自分の「余力」がどれくらいあるのかを、的確に把握できずに
ペースを速く上げてしまって、最後には減速してゴールしてしまう、だとか
慎重になって、最初が遅すぎて後半ペースに乗れずにスピードが出せなかった
なんて話をよく聞きます。

コツはちょっと余力を残すイメージでスピードを上げていく、です。

例えば、10㎞のビルドアップを練習しよう、と考えたときに
一般的なウォーカーであれば、最初はもう散歩のつもりで3㎞。
そして、身体が温まってきたらちょっと腕振りを意識で2㎞
そして、歩幅を意識して2㎞
そして、ピッチ(回転数)を意識してリズムよく歩き3㎞

というイメージで、身体の使い方を意識することで
ペースを上げていく。だとうまくいくと思います。

自分の身体の声に、耳を傾けながら自分にどれぐらいの余力があるのか?」
これを的確につかめるようになれば、確実にレベルアップできます。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  2. 大山巡礼トレイル、翌日の 筋肉痛 状況
  3. 地面は強く蹴らなくても歩幅は作れる
  4. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  5. 競歩初心者講習会でよく聞かれる質問
  6. GPSとウォーキングメジャー GPSの正確性
  7. 自分のフォームを第3者に見てもらい、悪癖を知ろう
  8. 講演会してきました!
PAGE TOP