ブログ

平昌五輪の閉会式を観て想う事

五輪を観て想うのは、やっぱり五輪は良いなぁ

っと、いう事です。

世界が一つになることが感じられ、日本の選手だけでなく

アスリート一人一人にドラマがあり、

それはすべての人に通ずる人生の縮図であり、

人間賛歌。

これが、東京に2年後に来ると思うとやはり楽しみしかありません。

 

ただ、閉会式の中継を観て想ったのは

「もっと韓国の歴史と伝統に触れたかった」

という感覚です。

 

DJにKポップ。五輪は世界発信の見本市みたいな部分はありますが

もっとその国しかない、独自性というものを観たかったなぁ

っと、単純に思いました。

 

Kポップより、「人面鳥」の方が記憶に鮮明に残りますからね

 

願わくは、東京五輪の開会式・閉会式は、

日本にしかないものを世界にしっかりと発信する

日本にしかできないものであって欲しいと、つくづく思います。

Follow me!

関連記事

  1. 大崎‐新横浜ウォーキング、100㎞ウォーカーを悩ます
  2. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  3. 自分のウォーキング 競歩 のフォームをどう修正すれば良いかがすぐ…
  4. 20㎞ナショナルチーム合宿無事に終わりました
  5. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  6. ウォーキングで痩せたい!
  7. テン6ウォーキング、初参加でも初心者でも、楽しく速く歩ける秘密
  8. 羽生結弦選手の凄さ、に想うこと、心から心配すること。
PAGE TOP