ブログ

講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です

アンケートの回答で

「最初から速く歩くことを意識するのではなく、楽にきれいに歩く結果として
速くなるということを意識する重要性を知りました」

という、コメントを書いた方がいました。

講習会参加者の中にはどうしても、「楽に」「速く」となると

「速さ」の部分を力で頑張ってしまう方がいます。

比較的、普段から速くウォーキングをしよう、と思う方に多い印象です。

そうなると、身体の使い方のレクチャーをしても、

力を抜いてとにかくフォームの事に集中さえすれば良いのですが

どうしても、速くウォーキングしてしまいたくなり、

フォームが改善されたから、というより

フォームも改善されているが、それ以上に力も入れてしまい、速くなっている

となってしまうと「速く」は実感できても「楽に」が実感できません。

講習会への参加のポイントは

とりあえず、レクチャーされた通りにリラックスしてやってみて

うまく実感できないのは「講師の責任だー」

そんな気持ちで、ご参加ください(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 膝痛持ち 変形性膝関節症のウォーキング愛好家に読んで欲しいblo…
  2. ドーピングは、一般の人の方がアスリートより一般的
  3. ウォーキングのためのウォーミングアップ
  4. ネット未だ繋がらず…
  5. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 「ウォーキングのため…
  6. 筋力に頼らない、歩き方をしよう
  7. 競歩は簡単です。難しいのは・・・
  8. ロシアの平昌五輪出場停止に想う
PAGE TOP