ブログ

トップアスリートは常識を打ち破るのが仕事

ナショナルトレーニングセンターで

大迫選手が練習をしていました。

 

びっくりしました。

流しをしてましたが、その美しいフォームさることながら

常につま先立ちのフォームでした…

 

並みのアスリートでは、出来ない芸当です。

ましては、一般ランナーなんて不可能でしょう。

おそらくケガをします。

足底筋どうなっているんだ!

おそらく、土踏まずはないでしょう。

常につま先立ちなんて。

 

昨今のマラソンブーム

平均になるように、いろんな方のいろんなトレーニング方法が

飛び交っています。

大迫選手のフォームを目の当りにしたら…

一つの技術革新となるのか、トップアスリートは別という括りになるのか(笑)

 

五輪や世界陸上で、メダルを狙う、というのは

平均から大きく外れること…

常識を打ち破ることです。

皆と同じことをして、みんなと同じような結果を出すのが

目的ではありません。

 

一般の方には真似ができないことをする

それでこそ、トップアスリート

 

その大迫選手がマラソンにチャレンジするそう。

http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1782842.html

楽しみで仕方ありません。

 

Follow me!

関連記事

  1. メダル至上主義 つづき
  2. パラリンピックを観て想う・・・②
  3. 金メダル2つの会場でみえたもの
  4. 当たり前のメダルは無い
  5. 日本柔道の美学
PAGE TOP