ブログ

アンケートにみる ウォーキングがレベルアップしたと感じる要因

講習会のときに、アンケートをお願いしていますが、

そこで、皆さんに聞いているのが

☆どうなったら、自分のウォーキングがレベルアップしたと感じられますか?
どちらかといえば・・・、で構いません、1つを選んで下さい。

  • 速く歩けるようになった
  • 長い距離を歩けるようになった

今のところ、回答頂いているなかでは8:2くらいの割合で

「速く歩けるようになった」と答えている方が多いです。

 

おそらく、速く歩けるようになれば、

ペースを少し落とせば、長い距離も歩けるようになるだろう

という発想があるからでは?

と、仮説を立てています。

 

実際に競技の世界では、「速さ」を身に付ければ「余裕力」が生まれる

という考え方があります。

速くなれば速くなるほど、実際のレースでは少し遅く歩けば

ペースに余裕が出てきて、最後までそのスピードが落ちづにゴールが出来る

ということです。

 

ですから、「速さ」=「長い距離」というのは成り立ちます。

しかし、その逆は難しいでしょう

長い距離を歩けるようになれば、「速く歩ける」にはなりえません。

「スタミナ(長い距離)」と「スピード(速さ)」では

トレーニングの内容がまるで違います。

 

「速さ」とはウォーキングがレベルアップする上で

一番大切な要因かもしれません。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩選手 練習前写真から分かること
  2. 正しいフォームを習得するための思考②
  3. 2017 世界陸上 ロンドン 女子20㎞競歩 メダル事前予想
  4. 「速いスピード」と「長い距離」どちらが体への負担が大きいか?
  5. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  6. 歩けなければ、走れない スピードのために、自分の「位置」を知ろう…
  7. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅⑧ 総括その1
  8. 大山巡礼トレイル、翌日の 筋肉痛 状況
PAGE TOP