ブログ

競歩は簡単です。難しいのは・・・

競歩自体は、実際は物凄く簡単です。

2つのルールさえ守れていれば、それは誰が何と言おうと、どんなに遅いとしても

それは、完全に競歩なのです。

2つのルールとは

〇一瞬でも良いので、どちらかの足が地面に接地している

〇着地した瞬間から垂直になるまで膝が伸びている

 

つまり、膝を伸ばしながら歩けばそれは競歩なのです。

 

では、何を皆さんが難しいと感じさせているのかというと

競歩で歩く、事ではなく、そもそもの速く歩くという事です。

 

競歩をすれば、とたんに速く歩ける、という訳ではありません。

逆に遅く“感じる”人の多いがでしょう。

それは競歩の技術が習得できていない、真似だけで速く歩こうとするからです。

 

何事もそうですが、英語を習ったからといって

一度や二度の勉強でペラペラにはしゃべれません

野球にしかりサッカーにしかりゴルフしかり、マラソンもそうです。

1回や2回の講習で、イチロー・メッシ・松山選手のようにはいきません、いきなりサブ3では走れません

 

講習を受けて、一度でその技術がマスターできるのであれば、練習と言う概念が必要なくなります。

何事も、ただプレイをするのは難しくはありません。

上達をしていくのは容易ではなく、そしてその上手くなる(速くなる)過程、が楽しいものです。

 

それは、どの種目変わりありません。

Follow me!

関連記事

  1. つくば100㎞ウォーク スタッフ樋熊、11時間50分で完歩
  2. 理学療法とスポーツの融合 後編
  3. アマチュアスポーツの「叩き方」は難しいです。。。
  4. コース選択が足首・ふくらはぎにダメージを及ぼすことも
  5. 箱根駅伝 母校の解散式に想う
  6. 腕を振ってるが進む感じがしない!という方へ
  7. 五輪に出場した選手が、帰国して一番最初に想う事
  8. とにかく、スポーツを観まくってます。TVですが。
PAGE TOP