ブログ

1枚の写真 :楽に「aruku技術」

競歩(ウォーキング)の場合、この動作が楽を生みます。

と言われても、多くの方はなんだかピンと来ません。

 

先日の「テン6ウォーキング」で

時速6kmのペースメーカーを務めてくれた

元選手も、

「やっぱペースが時速6kmと遅め(競歩選手にとって)競歩の技術を使うと楽ですね〜」

とのコメント

 

そりゃそうだよ、との会話がありました。

では、なぜこの写真が楽を生んでいるのか?

というと、答えは右足にあります。

 

重心が載っていて、反対の左足が振り出されようとしています。

ポイントは振り出され足では無く、重心の載っている足。

 

皆さんは、休めのポーズを知っていますよね?

普通に立った姿勢で片方の足に重心を載せて、もう片方の足はリラックスさせる、という姿勢です。

この写真はそれとほぼ同じような状況です。

もちろんそれを生むための身体のポイントはいくつかあります。

ただ、「休めの姿勢」となるので楽なのです。

 

しかも、それが一歩一歩交互に起こる

だから、競歩は疲れ難い「ウォーキング方法」なのです。

その秘密が詰まった1枚です

 

ぜひ、講習会・教室にその秘密を探りに来て下さい!!!

【講習会・イベントカレンダー】

Follow me!

関連記事

  1. 速くウォーキングする時に意識したい筋肉
  2. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
  3. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!HP表紙写真から探…
  4. LT値(乳酸性作業閾値)を知ることは自分を知ること
  5. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  6. ロボットからウォーキングを学ぶ
  7. 競歩 の 歩き方 ②
  8. 競歩 の 歩き方③
PAGE TOP