ブログ

50㎞競歩の凄さ、そして廃止の検討

50㎞競歩、五輪の陸上競技種目でマラソンより長い種目です。

ひと昔は、良くクイズの問題になり

「陸上競技で一番長い種目は?」

「マラソン!」

という回答が多かったです。

 

ですが、競歩が最長の種目ということが認知されてきたのか

最近はクイズの問題でも聞かなくなりました。

 

前回のリオ五輪の優勝タイムは【3時間40分58秒】

日本記録は【3時間40分12秒】

 

時速14㎞で歩きます。つまり1キロ4分24秒

マラソンを3時間6分で通過します。

世界記録は3時間32分33秒なので、マラソンを2時間59分で通過します。

 

サブ3をして、残り8㎞を「歩く」ということです。

 

もちろん、普通のウォーキングでは、そんな超人的なことは出来ません。

「速さ」「スタミナ」、それを50㎞という距離で成立させるのです。

どうも、五輪選手には並外れた体力がある!、と思われがちですが

体力だけでできる訳ではありません。

 

身体を使う技術があるから、出来るのです。

もちろんその技術は、一朝一夕で習得できるものではありません。

自分の身体を、速く歩くための道具として磨き上げていく

 

もちろん、その「歩く技術」は基本的なことから磨かれていきます。

一般の方は、まずはその「基本的なこと」を【歩く技術】として練習をしていけば

そのウォーキングというのは、変わってきます。

 

その「50㎞競歩」、どうやら岐路に立たされています。

2018年以降廃止になるとの報道がCBC放送のネットニュースで流れました。

今回、リオ五輪で新井選手と競ったカナダのダンフィー選手が、廃止撤回の署名を

ネット上で集めいています。

http://www.cbc.ca/sports/olympics/summer/trackandfield/evan-dunfee-s-livelihood-at-stake-with-potential-loss-of-50k-race-walk-1.4059220
ニュースサイト
https://www.change.org/p/ioc-iaaf-keep-the-50km-race-walk-in-the-olympics?recruiter=566496974&utm_source=share_petition&utm_medium=twitter&utm_campaign=share_twitter_responsive
署名サイト
多くのご協力を頂けたら幸いです

Follow me!

関連記事

  1. 前に進むという事と、前に足を出すことは違うんです
  2. 10㎞を時速6㎞でウォーキングの最初の壁
  3. 競歩のモーションキャプチャーから分かること①
  4. 身体と金づち
  5. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久系トレから休養移行、気を付…
  6. ウォーキング・競歩で足の痛みが出る理由
  7. 競歩コース下見 世界陸上ロンドン2017 解説日記②
  8. YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント
PAGE TOP