ブログ

競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性

モーションキャプチャーで、驚かれた一つに

頭の上下動がほとんどない、ということは前回①でもお話しました。

 

そして、上記写真、地面に「4」とあるところから赤い線が腰に向かって伸びています。

この赤い線は何を指しているかというと

地面への圧力の強さと方向です。

線が長ければ長いだけ、強い力が掛かっているということです。

 

ちょうど左足(緑色の足)で地面を「いわゆる蹴っている」という瞬間なので

赤い線が長く出ています。

 

皆さんがイメージする、つま先で地面を蹴るならば、この位置で強くふくらはぎで

地面を蹴れば、頭の位置は上に上がりますが、そんなことは起きませんでした。

つまり、力は確実に地面に伝わっている(赤い線よりそれがわかります)。

しかし、頭の位置は変わらない
(動画でなくて恐縮ですが、ふくらはぎで地面を蹴ればかかとの位置はもっと高いはず)

そのことからも、足の力は地面を「押す力」(蹴ることで身体が浮くのではなく、地面に力を伝えている)

によって、前に進んでいるのが分かります。

 

つま先で、地面を蹴るのでは無いのです。

「押す」なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  2. コース選択が足首・ふくらはぎにダメージを及ぼすことも
  3. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
  4. 九州の皆様、ありがとうございました
  5. パーキンソン病の方でも、楽に歩幅を広げる方法
  6. 感情的にはまったく変わらない ナショナルチーム合宿で、想いを馳せ…
  7. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  8. 初心者も参考にしたい時速8㎞のフォーム解説
PAGE TOP