ブログ

ウォーキング人口 4000万人に想う

内閣府の調査ではウォーキング人口は4000万人と言われています。

それは、本当?

ということで調べてみると、確かにこんなページがありました。

http://survey.gov-online.go.jp/h18/h18-tairyoku/2-2.html

44%の人がウォーキングをしたと答えているので、4000万という数字がでます。

 

現在は日本の人口の30%が高齢者と言われています。

少なくとも4000万の30%は高齢者と仮定するならば1200万人は

高齢者のウォーカー、ということになります。

お医者様も、身体に負担が少なく、手軽に始められるウォーキングを勧めてきます。

ですから、なぜウォーキングを高齢者がする目的は「健康のため」「体力増進」

と答える方が、ほとんどだと思います。

 

ウォーキングが身体によいのであれば、1200万人も健康な高齢者がいるはずです。

もちろん100%健康と言わぬまでも、なにか不定愁訴があったとしても、ウォーキングをしてない人よりか

健康体である可能性は高いはずです。

 

医者も国もウォーキングを勧めますが、この国の医療費は一向に減る気配がありません。

高齢化とともに増える一方。

これだけウォーキング人口が多いのに、医療費が増えるのはなんだか不思議な気がします。

様々なウォーキングの論文をみると、血圧が改善されたり、骨粗しょう症が改善されたり

ストレスが軽減されたりと科学的にもエビデンスがあるのですが・・・

 

つまり・・・

ウォーキングはしているが、ウォーキングする距離や速さが適切でない方が

1200万人のほとんど、ということなのでしょう。

 

なんだかもったいない気がします。

1200万人のうち、50%が正しい知識の元、ウォーキングをすれば

600万の人が、運動の薬事効果(薬のように身体が改善する)を得られるはずです。

 

そうなれば、劇的に医療費の削減になるのでは…

と、思う今日この頃です。

 

Follow me!

関連記事

  1. ネット環境が未だ整わず…そしてちょっと予告
  2. 4大会連続5回目の世界陸上ロンドン 決定
  3. この時期のウォーキングでちょっと気を付けたいこと(ウェア編)
  4. 骨粗鬆症 にとって本当に効果がある ウォーキング 方法を検査結果…
  5. ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性
  6. 多くの試練から「復活」した者の強さ
  7. 今年読まれたblog記事第2位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  8. 心拍数が教えてくれる様々なこと 体調管理に心拍数を活用しよう!!…
PAGE TOP