ブログ

1週間で200㎞歩いても、お医者様に「もっと運動した方が良い」と言われる理由

健康診断の結果を受け取りに行きました。

結果はまったく問題ないのですが、中性脂肪は若干標準範囲から高めにでます。

これは、ある程度は仕方がないようです。

長距離系の種目をやっていた選手は、脂肪を血中に溶かす能力が高いので

引退して以前の運動量が保てなくなると、どうしても

中性脂肪や総コレステロールが高くなります。

 

私ではないですが、別の選手が現役の頃に健康診断の結果を受け取りに

医者に行ったら、手元の結果を見ながら

「君にねぇ、中性脂肪たかいね、もっと運動した方がいいよ」

と言われたそうな。

実はその選手は、50㎞競歩の選手。1週間のトレーニング距離は200㎞前後

「これ以上、どう運動すりゃいいの?」

と苦笑いをしてました。

 

スポーツ選手の健康維持も、なかなか大変です。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング どうしても速く歩こうとして力が入る
  2. 競歩のモーションキャプチャーから分かること①
  3. 箱根駅伝 母校の解散式に想う
  4. ウォーキング・競歩で足の痛みが出る理由
  5. 再放送決定 ウォーカーズ 歩くことはスポーツだ! 5月3日 6:…
  6. 世界陸上ロンドン マラソン惨敗に想う
  7. いざ!再びのロンドンへ
  8. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
PAGE TOP