ブログ

速く腕を振れば、速く前に進むのか?

先日、ナイター陸上があり

選手が出場したので、行ってきました。もちろん、競歩の試合です。

9名出場しましたが、2名が41分台で、1名が42分台、一番遅い選手でも50分は切ってゴール。

ナイターとはいえ、蒸し暑さはある中で、どの選手もよく頑張ってくれました。

 

一番速い選手は、時速14.4㎞ キロ4分10秒(1㎞を4分10秒)ペース

このペースまで来ると、腕の振りの速さも相当なもの、1分に200回転以上はいきます。

さすがにウォーキングでは、難しいピッチです。

 

後半、疲れてきて彼の悪い癖がでました。

速く腕を振れば、進む選手と、速く腕を振っても進まない選手が、競歩選手の中には存在します。

なぜ、速く腕を振っても進まないか?というと

速く腕を振ることに意識がいってしまい、歩幅が狭くなるからスピードに乗らなくなります。

 

競歩は、ジャンプをすると両足が離れるので違反になります。

そうならないように歩幅を広げると、当然地面に足が接地している時間が長くなります。

足離れが遅くなるので、足が地面に対して粘るような感じになります。

 

彼は後半更なるペースアップをしようと、速く腕を振ったが、その足が粘る感じになれませんでした。

それが、もったいなかったです。

高校から競技を続けている選手でも、そういう身体の使い方をしてしまいます。

逆に言えば、まだまだ伸びしろを感じさせる部分です。

 

速くウォーキングしよう!とする場合も、たまに彼のような身体の使い方をしてしまう方がいます。

速く腕を振っているのだけど、歩幅がどんどん小さくなってしまってスピードが上がらない

 

速く腕を振っても、速く進まない場合がある、

速くウォーキングをしたいからこそ、知っておく必要があることだと思います。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーカーズで学ぶ、楽なウォーキング 観るべきポイントは?
  2. テン6ウォーキングが教えてくれること
  3. 2017 世界陸上 ロンドン 女子20㎞競歩 メダル事前予想
  4. 競歩は簡単です。難しいのは・・・
  5. 「疲れ」を科学的に簡単にとらえる
  6. スポーツの「気合」「根性」
  7. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅⑨ 総括その2
  8. ビールを未だ1滴も飲まず… 世界陸上ロンドン2017 解説日記③…
PAGE TOP