ブログ

2017世界陸上 メダルへの道④ テムズ川を30㎞を2時間30分で歩く

昨日は、テムズ川沿いの公園を30㎞

といっても、500mを測り30往復。実際の世界陸上のコースも500mの折り返しなので本番に合わせたコース設定

 

こちらでは、公園は多いがなかなか良いコースが見つからなくて困ってます。

道はあっても、凸凹が舗装されているのにも関わらず激しく

足を捻りそう

公園と言っても、どうもその歩道は通勤や通学によく使われるらしく

交通量も多く、なかなか歩きづらい

 

ただ良いのは運河沿いなだけに、行きかう船が楽しめる

(練習をしている方はそれどころではないが・・・)

ペースは最初はのんびり1㎞5’30くらい

後半少し上がって4’40くらいまで上がる。

 

大事なのは無理して上げる、というより「自然と上がってしまった」、ということ。

フォームの意識をしっかり持てば自然と上がるもの。それはウォーキングでも同じことです。

試合までちょうど1か月。順調です。

Follow me!

関連記事

  1. 五輪商標の厳しさ
  2. 自分のウォーキングを評価する①
  3. つい、感傷に浸る
  4. 回復(リカバリー)を考える ⑤ 練習の範囲
  5. 本当に疲れないウォーキングはできるのか?
  6. え、なんでその仲間分け? 保険の掛け金の区分
  7. 砧公園 講習会 の アンケート コメント
  8. 男子50㎞競歩 直前メダル 予想 世界陸上 ロンドン 2017
PAGE TOP