ブログ

世界陸上 選手の体型をジロジロ見よう!

世界陸上では、ぜひ選手の身体つきに注目をして下さい。

ダイエットや、体型を良くしたい!という方に、

どんなスポーツをすれば良いですか?と聞かれるたびに、

「理想の体型をしているスポーツ選手のやっている種目をやればいいですよ」

っと、話します。

 

スポーツ選手は、「その体型になりたい!」と思って、日々練習(運動)をしている訳ではなく

その種目で強くなりたい、と考えて必要なトレーニングを日々おこないそれに合った「体型」

“勝手に変わっていく”のです。

 

マラソン選手、短距離選手、同じ陸上競技でも

体型は様々です。

ただ、両社とも言えるのは、その体系のしなやかさです。

 

筋骨隆々の体型をしている、という選手は少ないです。

それは、余計な筋肉があれば、逆に負担になり速く走れない、からです。

【速く】のために、どんどん自分の身体がカスタマイズされていって

必要な筋肉だけが残り、不要な筋肉は少なくなり、しなやかな体型となっています。

 

よく、「代表になるような選手は特別だから、普通の人には無理」

という人がいます。

しかし、それは大きな誤解。

「代表クラスの選手も、最初はただの人」、日々の練習で、今のような身体を手に入れてます。

自分には無理、とあきらめてしまうのは、もったいないなぁ、と思います。

 

ここまで、体型に関しては「ふくらはぎ」のことは書いてきました

ぜひ、ふくらはぎ以外にも注目してください。

 

腕を振るので、肩回りの筋肉がしっかりしている、とか

黒人の選手と白人の選手の骨格の違い

お尻とか太ももの筋肉の付き方、とか

 

見ていると、その体型に競技種目の特性が出ています。

そんなところも観て「世界陸上」を楽しんで欲しいとおもいます。

 

Follow me!

関連記事

  1. 時速4㎞でウォーキングすれば、時速6㎞でウォーキングできる(もち…
  2. ウォーキング・競歩の歩く技術、「うまく出来ない!」という言葉に思…
  3. ドーピングしてませんか?の続き
  4. 力不足な部分は否めませんが、ウォーキング・競歩・ランを楽しむ皆様…
  5. 【レポート】座学!ウォーキング講習会in大岡山 2017年6月
  6. ウォーキング・競歩のために、大腿四頭筋を伸ばそう!
  7. 16回テン6ウォーク無事に終了!
  8. アジア大会中ですが、ナショナル合宿中です
PAGE TOP