ブログ

ロンドン最終日 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑧

いよいよ、解説日記最終回です。

体調が悪いのと、20㎞競歩で結果を残せなかったことで、

世間の「競歩すげー」とか「歴史的快挙!」といったお祝いムードに

乗り切れずにいます(苦笑)

 

今回はコースを目の前にした放送ブースでの解説。

世界陸上・五輪と2007年世界陸上大阪から10年以上解説をしていますが

コースを目の前にしての解説は3回目(1回は解説というより、オンコースリポート)

あとは3畳ほど狭い放送ブースで解説。

 

ですからコースサイドの放送席なので時折、放送席から立ちあがって、戦況を見守ったり、

マイクを切って声援を送りながら、解説をしてました。

 

今回のコース、ザ・マルが非常に「美しい」コースで世界陸上という舞台が

煌びやかに余計に見えました。そしてロンドンの陸上熱の高さから

時間を追って増える沿道の人々、大きな声援・歓声。

出場する選手全員がその幸せをかみしめていたと思います。

 

そんな選手たちを間近で見ることが出来、解説が出来た今回の世界陸上

いままでとはちょっと違った、世界陸上に周りが競歩に騒いでいる意味ではなく

別の意味でなりました。

 

とりあえず、日記は最後です。

あと8時間後には機上の人になるので。

また、世界陸上考察などは書いていきたいと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. 講習会in大阪は「台風」で中止。楽しみにしていた方が多く、残念。…
  2. ウォーキング 寒さ対策は、「痛み対策」
  3. ウォーキング 技術、とても73才女性には見えません… 滑らかな膝…
  4. 知ってますか?日本オリンピック委員会の使命
  5. 陸王に想う ② そもそも…
  6. 速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の部位…
  7. 日本競歩の展望
  8. 100kmウォーク 11時間台はすぐそこまで来ています
PAGE TOP