ブログ

ウォーキングのスピードを即答でアドバイスする人を疑った方が良い理由

どれぐらいのペースで歩けば良いのか?

これは、難しい質問です。少なくとも即答できる質問ではありません。

このペースを決めるべき「要素」がたくさんあるからです。

 

「目的」:健康のためなのか?ダイエットのためなのか?心肺機能を高めたいのか?などなど、どれも、同じペースにはなりません。

「年齢」:20代と70代で同じペースで健康になれる!と思う人はいないでしょう

「運動履歴」:20代でまったく運動経験がない、70代でもマラソンを走る人、同じペースではやはりない

 

こう理由を書けば、「ああ、なるほどなぁ」っと思ってもらえるのですが

TV的ではありません。

TV的だと、スパッと「時速6㎞です!」とか言い切ってもらえた方が

「わかりやすい」ので、そういう返答を求められます。

 

もちろん、こちらも言葉の頭に、「目的や年齢や運動履歴で変わってきますが」

と言葉を付けますが、カットされてしまえばそれまでです(苦笑)

 

ですから、私の言っていることがTVで流れるときは

本人が意図していない部分もありますので、講習会で質問をするのが

おススメです。

ちゃんと上記を確認して、回答しますので!

 

ウォーキングのスピードをアドバイスされたときは

少なくともその根拠は聞いておいた方が良いでしょう。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
  2. ジャカルタ アジア大会の持つ意味
  3. 日大アメフト問題、スポーツも被害者。。。
  4. 100kmウォーク 練習会に講師で参加してきました@塩谷
  5. 雪が積もってウォーキングが出来ないとう皆さんへ
  6. 74才でもトレランで自己記録を雨の中でも出せた結果から学ぶ 心拍…
  7. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
  8. 対談してきました!
PAGE TOP