ブログ

腕振りが苦手な職種

九州開催で、20代男性の参加者。

仕事が山岳系で、重装備(20㎏)で山を登ることが多く、

山でなくても、街から街へ重装備のまま移動することも珍しくないとのこと。

一見、線が細そうな方でしたが、確かに言われてみれば

ひょろっとした感じながらも、お尻周りは凄くしっかりとした筋肉がついていました。

 

ただ、普段から重装備で歩いている、という事なので

きっと腕振りは苦手だろうな、っと思っていたら、案の定、苦手でした。

どうして腕振りが苦手なのか?

それは、重装備で移動するからです。

 

どうしても、背中に20㎏近い重さのリュックを背負います。

そうなると、腕が振れません。

もし、頑張って振ったとしても、背中の肩甲骨が動くと、リュックが安定せず、非常に歩きにくいです。

 

私は陸上競技の選手ですから、身体の使い方は基本的には「荷物を持っていない」「荷物は最小限」

なので、20㎏をリュックを背負っている、という前提の腕振りはちょっと守備範囲外です。

 

ですが、それ以外の身体の動かし方は、非常に上手でした。

それだけ重いものを持っているので、体幹がしっかりしているので

足の使い方、体幹の使い方は、ほぼ完ぺき。

 

「いろいろと勉強になりました!」

と、さわやかに帰っていきました。

 

Follow me!

関連記事

  1. 何でも良いので「挑戦」してみる。
  2. パーキンソン病の方でも、楽に歩幅を広げる方法
  3. ウォーキング プロとアマチュアの境目とは?
  4. 日本競歩の展望
  5. 猛暑日のちょっと一服トレーニング
  6. 報道されないなら、どうすれば良いのか考える
  7. 1週間で200㎞歩いても、お医者様に「もっと運動した方が良い」と…
  8. 気温は結果に影響する 100㎞でトップが12時間台が出なかった理…
PAGE TOP