ブログ

前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)

blogでもたまに書きますが、

ウォーキングをするときに、「後ろへの歩幅(ストライド)」を大きく広げましょう!

を、勧めています。

 

しかし、「後ろへの歩幅」と聞いて、ピンときて理解できる方と

ん?

と思われる方もいるようで・・・

ひょっとしたら理解できている方の中でも、勘違いをしている方もいるかもしれませんので

ちょっと、整理したいと思います。

 

前に一歩踏み出し、前に足を着地してストップ

その姿勢を横から見たときに、身体を中心にして、

前に踏み出して着地している足と、身体を蹴りだして後ろに残った足とで

逆さYの字のようになると思います。

 

そして、【身体を中心】として、

前に踏み出してる歩幅を「前の歩幅」

身体から後ろの足までに広がる歩幅を「後ろへの歩幅」

となるのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 行橋別府100km メール通信トレーニングが生み出した可能性
  2. 競歩と競歩式の反応の違い
  3. 100㎞を歩く方、100㎞に挑戦しませんか?初心者の方も100㎞…
  4. アジア大会100mに見る、スピードを出すための極意とは?
  5. はくほう に想う
  6. サロマ湖100㎞、競歩ナショナルチームが挑戦します!
  7. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る② スピードが上手にウォ…
  8. なぜ、100㎞でもネガティブスピリットを勧めるのか?
PAGE TOP