ブログ

前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)

blogでもたまに書きますが、

ウォーキングをするときに、「後ろへの歩幅(ストライド)」を大きく広げましょう!

を、勧めています。

 

しかし、「後ろへの歩幅」と聞いて、ピンときて理解できる方と

ん?

と思われる方もいるようで・・・

ひょっとしたら理解できている方の中でも、勘違いをしている方もいるかもしれませんので

ちょっと、整理したいと思います。

 

前に一歩踏み出し、前に足を着地してストップ

その姿勢を横から見たときに、身体を中心にして、

前に踏み出して着地している足と、身体を蹴りだして後ろに残った足とで

逆さYの字のようになると思います。

 

そして、【身体を中心】として、

前に踏み出してる歩幅を「前の歩幅」

身体から後ろの足までに広がる歩幅を「後ろへの歩幅」

となるのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 九州の皆様 アンケートの回答、お待ちしております! 印象に残った…
  2. 全3回初級者歓迎~中級者 競歩講習会の1回目が終わって頂いたメー…
  3. 世界陸上、解説グッズ到着
  4. 競歩 の 歩き方 ②
  5. WEB雑誌の取材依頼の折り合いがつかなかったことに想う
  6. 速く 楽に ウォーキングする 姿勢の写真
  7. 20㎞競歩は日本最高レベルの層の厚さ、これをどう結果に結びつける…
  8. ヒールストライク??かっこいい言葉に惑わされず、スポーツを学ぶ3…
PAGE TOP