ブログ

初心者こそ ウォーキング・競歩で、動画を撮りたい理由

フォームを動画で撮る、のはとても大事です

初心者こそ、動画で自分のフォームが確認できれば

早い段階で、自分のフォームの癖を修正できることができ

ウォーキングがかなり楽に出来るようになります。

 

しかし、ある程度ウォーキングをしてから治そうとすると

つい自分のフォームの癖に頼る動きになってしまったり

歩くというのは日常的なことなので、よっぽどしっかりと意識をし続けないと

元に戻るのも早いです。

 

そして、その癖が「悪癖」であれば、その感覚が身についているので

せっかく自他ともに認める良いフォームに修正ができて動画に収めても

良いフォームの時の感覚と、自分の癖のあるフォームの時との感覚のギャップが大きく

「確かに良いフォームなんだけど、良いフォームの時の感覚が良く分からない」

となる方もいます。

 

自分の感覚もいい!そして、動画のフォームも良い!

という、自分の感覚と実際のフォームのギャップを早い段階で埋めることが出来れば

上達は一気に早くなります。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 74才でも17㎞のトレランで昨年よりも15分タイムを縮める
  2. 超 初心者のためのウォーキングコラム 歩くスピードをあげる
  3. YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント
  4. 速く腕を振れば、速く前に進むのか?
  5. ウォーキング 技術、とても73才女性には見えません… 滑らかな膝…
  6. 柳澤メモ、始めます!
  7. 【座学】ウォーキング&九州階催講習会 参加希望の方はお早めに!!…
  8. 行橋別府100km メール通信トレーニングが生み出した可能性
PAGE TOP