ブログ

行橋‐別府100㎞、今からでもタイムを縮める方法

いよいよ、週末に行橋別府100㎞が近づいてきました。

今回は九州で講習会を2度開催しているだけに、

参加頂いた方の自分への挑戦が、結果につながるような気象条件であって欲しい

と思っていましたが、良い天候に恵まれそうで何よりです。

 

7日正午のスタートまで、いったい何ができるでしょか?

今から、筋肉を鍛えたことろで、さすがに間に合いません。

今からカーボローディングをすれば、ちょっとは変わるかもしれません。

※カーボローディングとは、炭水化物を一切抜き、大会前日に大量に食べる調整方法

今から、フォームの復習をすれば、かなりタイムは変わるかもしれません。

 

上記に書いたことは、もちろん適当に書いた訳ではありません。

最初の筋肉は、運動生理学的にあと3日で筋肉量が増える、というのはさすがに無いので理解できる話です。

次のカーボローディングは、栄養学と運動生理学的な話です。いろんなやり方があり、人によって正直

合う・合わない、も無きにしも非ず、なので何とも言えません

 

しかし、最後のフォームの復習は、あくまでも身体の使い方

つまり、「意識する」と言うだけです。疲れた時ほど、身体の使い方を意識するのが効果的です。

ぜひ、改めて身体の使い方を復習し直して頂ければと思います。

Follow me!

関連記事

  1. パーキンソン病でもウォーキング 目標達成への道のり
  2. 時速12㎞だと心拍数はランでは?競歩では?どれぐらい???
  3. なぜ、ウォーキング(競歩)が遅いのか?を見つけるのも速くなる方法…
  4. 【パーソナル】30㎞で疲労感を感じない、【メール通信】62才で自…
  5. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
  6. メール通信トレーニングの始めた理由
  7. 前に進むという事と、前に足を出すことは違うんです
  8. 選手のインタビューは優等生過ぎる、と思う人へ インタビューの楽し…
PAGE TOP