ブログ

気温は結果に影響する 100㎞でトップが12時間台が出なかった理由の推測①

今年の行橋‐別府100㎞は第一チェックポイントまで、

暑さがだいぶウォーカーの皆さんを苦しめたようです。

報告をもらったメールに、こんな記述がありました。

当日の昼間は暑く、第1CPに着く前から熱中症で吐いたり、足がつったというウォーカーも多かったです。
今年の夏は暑い中練習したせいか、私は暑さも感じず第1CPは平均時速〇〇くらいで気持ち良く
歩けました。オーバーペースにならない様気を付けました。

※一部○○としました。

100㎞という長丁場ですが、最初の20㎞でダメージを受けると

それは後半まで大きく響きます。

トップの方のタイムで12時間台がでていなかったのも、

この暑さが原因だったなかなぁ、っと推測しています。

気温の高さや変化というのは、想像以上に人の体力を奪います。

それに対して、適切な対処ができなければ、疲労はどんどん蓄積されます。

 

距離の100㎞であろうが、マスターズ陸上であろうが

暑いのであれば、身体をしっかりと冷やす

寒いのであれば、一枚多く着る

シンプルで基本的なことですが、これをどう実践していくか?

だと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. スピードを出すためには、まずは己の欲望に勝つ!!
  2. 速く歩くことの効能
  3. 74才でも17㎞のトレランで昨年よりも15分タイムを縮める
  4. 競歩 の 歩き方③
  5. パーキンソン病の方でも、楽に歩幅を広げる方法
  6. 何でも良いので「挑戦」してみる。
  7. 2017世界陸上 メダルへの道③ ロンドン到着
  8. 動画で自分のフォームを撮影 フォームチェックで持ちたい感覚とは?…
PAGE TOP