ブログ

何でも良いので「挑戦」してみる。

挑戦した者は、もうそこである意味、勝者です。

少なくとも挑戦をしなかった者よりか。

 

もちろん、挑戦してもうまくいかないことがほとんどでしょう。

痩せようと思ってウォーキングをしたが続かなかった

マラソンをしようとしたけど、ゴールできなかった

100kmウォークで完歩できなかった

目標のタイムに届かなかった。

 

もちろん挑戦をすることのレベル差はあれど

人が何かに挑戦する、ということはそれほど尊く意義のあることです。

 

1年前に比べると、講習会も参加が多くなり、パーソナルもメール通信も

受講される方が少しづつ増えてきました。

このHPを始めたのは明らかに「挑戦」でした

 

だから、「挑戦」しようと講習会に参加される方はやはりなんとか結果を出してほしいと

思わずにはいられませんでした。

 

今日の箱根駅伝予選会の結果のニュースをみながら

改めて「挑戦」するということを感じた日でした

 

Follow me!

関連記事

  1. 【レポート①】メール通信トレーニング 50代女性の場合 時速6.…
  2. パーキンソン病でもウォーキング 目標達成への道のり
  3. 講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です
  4. びわ湖100km挑戦ウォーカーから、結果報告メール、ウォーキング…
  5. パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル
  6. 1週間で200㎞歩いても、お医者様に「もっと運動した方が良い」と…
  7. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
  8. 世界陸上、解説グッズ到着
PAGE TOP