ブログ

何でも良いので「挑戦」してみる。

挑戦した者は、もうそこである意味、勝者です。

少なくとも挑戦をしなかった者よりか。

 

もちろん、挑戦してもうまくいかないことがほとんどでしょう。

痩せようと思ってウォーキングをしたが続かなかった

マラソンをしようとしたけど、ゴールできなかった

100kmウォークで完歩できなかった

目標のタイムに届かなかった。

 

もちろん挑戦をすることのレベル差はあれど

人が何かに挑戦する、ということはそれほど尊く意義のあることです。

 

1年前に比べると、講習会も参加が多くなり、パーソナルもメール通信も

受講される方が少しづつ増えてきました。

このHPを始めたのは明らかに「挑戦」でした

 

だから、「挑戦」しようと講習会に参加される方はやはりなんとか結果を出してほしいと

思わずにはいられませんでした。

 

今日の箱根駅伝予選会の結果のニュースをみながら

改めて「挑戦」するということを感じた日でした

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングや 競歩 上半身と下半身の連動がうまく出来ていれば「…
  2. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
  3. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー③ 【健康編】個別にメニ…
  4. 2017世界陸上 メダルへの道③ ロンドン到着
  5. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  6. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る② スピードが上手にウォ…
  7. 100㎞ウォークで最初は飛ばさない方が良い理由 乳酸の話のつづき…
  8. 変形膝関節症 でしていい ウォーキングの距離・速度・頻度の要因
PAGE TOP