ブログ

何でも良いので「挑戦」してみる。

挑戦した者は、もうそこである意味、勝者です。

少なくとも挑戦をしなかった者よりか。

 

もちろん、挑戦してもうまくいかないことがほとんどでしょう。

痩せようと思ってウォーキングをしたが続かなかった

マラソンをしようとしたけど、ゴールできなかった

100kmウォークで完歩できなかった

目標のタイムに届かなかった。

 

もちろん挑戦をすることのレベル差はあれど

人が何かに挑戦する、ということはそれほど尊く意義のあることです。

 

1年前に比べると、講習会も参加が多くなり、パーソナルもメール通信も

受講される方が少しづつ増えてきました。

このHPを始めたのは明らかに「挑戦」でした

 

だから、「挑戦」しようと講習会に参加される方はやはりなんとか結果を出してほしいと

思わずにはいられませんでした。

 

今日の箱根駅伝予選会の結果のニュースをみながら

改めて「挑戦」するということを感じた日でした

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!
  2. ネット環境が未だ整わず…そしてちょっと予告
  3. ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切
  4. ウォーキング フォームは似て非なる、けどその根っこにある「基本」…
  5. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
  6. 1年半ぶり 九州に無事に上陸
  7. アジア大会中ですが、ナショナル合宿中です
  8. TV出演の告知です。
PAGE TOP