ブログ

超 初心者のためのウォーキングコラム 歩くスピードをあげる

まったくのウォーキング初心者だと、スピードを上げる機会は

ほとんどないと思いますが、

前に年配の方が歩いていて、追い越さなければならない

子供連れのお母さんが歩いて、追い越さなければならない

など、スピードを上げることが求められる場面は、あるかと思います。

 

そんな時は、歩くスピードを上げる必要があると思います。
(まぁ、常に小走りで追い抜く・・・、となったら、このコラムが生きなくなりますが(苦笑))

追い抜くだけなので、スピードを上げる速度も極端にはやくなく、スピードをだす時間も短いです。

大抵の方は、どうやってスピードを出すかというと、無意識に大股になって歩幅を広げて抜いていくと思います。

それこそ、歩幅を短くしてピッチを上げて抜こうとするときは、小走りで抜き去る、という感じではないでしょか?

 

いずれにせよ、人は必ずスピードを上げるときに、歩幅(ストライド)を広げるか?回転数(ピッチ)を速くするか?

それとも、その両方を駆使して抜きます。

つまり、どんなにウォーキング超初心者でも、スピードを上げる方法は知っているのです。

 

自分が誰かを「歩いて抜くとき」に、どっちの方法を使っているか?でその人の得意とする身体動作が分かります。

ストライドで抜くなら、歩幅を広げるのが得意。

ピッチで抜くなら、回転数を上げるのが得意。

ということです。ただ、その方の身長にも大きく作用されます。

背が高い方だと、一歩の歩幅が普通の人より広いので、歩幅でスピードを上げる人がほとんど

背が低い方だと、回転数か(小走りになる)、ストライドとピッチの両方の方が多いです。

 

ちょっと、前の人を抜くときに無意識にする、自分の身体動作を振返ってみて

超初心者の方は、自分がスピードを上げるときは、「歩幅タイプ」なのか、「回転数タイプ」なのか?

を見極めて、まずはその得意とする長所を伸ばして、ウォーキングすれば楽にスピードが出せるはずです。

 

無意識な時の自分の身体動作を振り返る、なので

人を抜いた後に、ハッと気が付き、「いったい自分はどっちで今抜いたんだろう」と

思って立ち止まって考えていると、必ずもう一度、抜くチャンスはくるはずです。

だって、立ち止まって考えてしまえば、今抜いた人に、きっと抜き返されている、

に間違いありません(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 心拍数と痛みの話
  2. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  3. 「速さ」には、「楽」が必要
  4. 夜の都心をウォーキング!!
  5. 冬季五輪の躍進!ヤフーニュースの記事に想う
  6. ネット未だ繋がらず…
  7. 世界陸上、解説グッズ到着
  8. 競歩と競歩式の反応の違い
PAGE TOP