ブログ

競歩を引退した選手、サブ3でマラソンを走る…のに困る

以前に「水曜日のダウンタウン」、という番組に出たことがあります。

そこで、数々のトップ選手が「競歩を始めた理由」をインタビューで答えています。

そのインタビューの回答を聞いていると、少なくない割合で

「走っていたけど、怪我をしたのでランニングのリハビリ、と思って始めた」

という趣旨の動機が、少なくありません。

 

陸上部でランをしたけど、怪我をしたから競歩にした。

つまり、ランよりか競歩の方が、身体的な負荷が少ないということは

少なくとも、陸上競技の現場では当然のことと認知がされています。

 

このことからも、競歩という種目が身体に負担の少ない運動、ということが良く分かります。

身体に負担が少ないから、といって遅いか?と言われれば決してそういう訳ではありません。

時速15㎞以上で20㎞を歩き

マラソンより長い50㎞競歩では、歩いてサブ3をします。

 

マラソン選手や長距離選手が、ケガで引退する選手は多いですが

競歩では極端に少ないです(その代わり実業団での雇用が極端に少ないので、怪我が無くても学生で引退も多いですが・・・)

個人的な感覚ですが、競歩を意識したランではサブ3のペースは難しいと思います。

実は競歩を引退した選手が、サブ3で走る30後半から40代の元競歩選手は多いのですが(苦笑)

個人的には競歩をしてこなかった選手がサブ3までとなるとかなりハードル高いです。(と個人的に思ってます)

どうしても、ランニングの前へのジャンプ動作を競歩ではしないので、一般の方はペースが落ちざるえない、と思うからです。

一定のペースまでは、身体に無理をしなくても走れますが、一定以上のペースになると、どうしても身体に負担はかかります。

五輪出場する選手で五体満足の選手は、ハッキリ言っていないです。(もちろんいくら競歩が身体的に負荷が少ないと言えども、競歩選手も含めて)

それだけスピードを出すということは、人の身体に負荷を掛けるのです。

ただ、走る・歩くであれば、上手に身体を使えば身体への負担は、グッと減ります。

前述の「水曜日のダウンタウン」実はYouTubeに上がってます

気になる方は、検索してみて下さい

番組が始まった一番最初の収録でしたので、かなり昔ですが…

Follow me!

関連記事

  1. 【レポート①】メール通信トレーニング 50代女性の場合 時速6.…
  2. 競歩 の 歩き方 ④ リラックスした足の振出
  3. 時速4㎞でウォーキングすれば、時速6㎞でウォーキングできる(もち…
  4. 腕振りが苦手な職種
  5. 43才、初めての3000m競歩を16分台でマスターズ陸上で勝って…
  6. 山手線1周ウォーキングやります!2017年10月
  7. この時期のウォーキングでちょっと気を付けたいこと(ウェア編)
  8. めざましTV、初出演 で想うこと
PAGE TOP