ブログ

UWTT分析②

40km~80kまでを分析します。

45km 4:44’00(33’06)

50km 5:21’08(37’08)

55km 5:57’08(35’59)

60km 6:34’33(37’25)

65km 7:08’52(34’19)

70km 7:43’15(34’22)

75km 8:16’57(33’42)

80km 8:54’07(37’10)

40kmまではペースが落ちてもキロ6分15秒前後では歩けていたのですが、その後きつくなり、エネルギーが切れペースはキロ7分近くに・・・最初はトイレ休憩も30秒程度だったのが、この辺りからトイレに行くのもきつくなり、2分近くかかっていました。このUWTT歩くまでの競歩で歩いた最長距離は64km。しかもその距離を歩いたのも10年近く前の話。その時の64kmも行けるところまで歩くと思っての64kmだったので、65km以降はいつ足が止まってもおかしくないと思いながら歩いていました。それでも歩けたのは、UWTTが朝スタートでまだ明るかったからですかね。これが普通の100kmウォークの大会で未知の65km以降歩いてるのが真っ暗の状況だったら一度は止まっていたかもしれません。それほど、この65km以降はきつかったですね。ゼリーだけで乗り切ろうと思っていたのですが、持たないと思い途中スタッフにチョコパンとあんまんを頼んだのですが・・・あんまんがうまく伝わっておらず、届いたのはチョコパンとアンパン・・・とりあえずチョコパンを食べエネルギー補給をし、このきつい区間を乗り切りました。

 

次回は80km~100kmを分析します。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  2. UWTT分析①
  3. 100kmに向けて、疲労回復のために実践していること
  4. 信濃川河岸段丘ウォーキング
  5. 2017年100キロウォーク全3レース分析③
  6. 「今の課題」から1ヶ月が経ち…
  7. 高地トレーニング
  8. 2017年お世話になりました
PAGE TOP