ブログ

UWTT分析③

80km以降を分析します。

85km 9:32’55(38’47)

90km 10:15’33(42’37)

95km 10:56’46(41’13)

100km 11:35’55(39’09)

75kmから1km7分半近くかかっていたペースも80km以降さらに落ち続け85km~90kmのラップは1km平均8分半・・・このUWTTを歩くまでの競歩の最長距離は64kmと書きましたが、ランでは90km。ただ、その90kmも休み休み走ったにもかかわらず、ラスト10kmは止まってもおかしくないペースでしか走れなかったので、この80km以降はペースを維持するというよりかは、徒歩になってもいいから止まらないように、と思いながら歩いていました。ラスト10kmを過ぎてからは少しペースが上がりましたが、つくばや行橋~と比べてもペースはほとんど上がってませんね。初100kmという事と10時間からかなり遅れてしまった、というのがあり、タイムよりもゴールを目指して歩いた20kmでした。

 

さて今年歩いた100kmの分析をしたので、来年さらにタイムを縮めるために何をすべきか。を、今度は書いていきます。

 

UWTTまでに競歩での最高距離は

Follow me!

関連記事

  1. 2018年船久保杯
  2. 行橋~別府100kmウォーク速報が出ました!
  3. 全日本20キロ競歩能美大会出てきました
  4. 100kmウォーキング大会に出ます
  5. 行橋~別府エネルギー補給
  6. 100kmに向けて、疲労回復のために実践していること
  7. つくば旅②(第1ステージまで)
  8. 2018UWTTで学んだこと
PAGE TOP