ブログ

10㎞で自己記録を更新した4名に想う、競歩選手もウォーキング初心者も、上達への共通点

昨日は指導をしている学生が9名、10000m競歩に参加しました。

そのうち、4名が自己記録を更新しました。

学生は10000m(10km)がメインの距離で、この距離で学生は学生日本一を争います。

14名の学生が在籍していますが、自己記録の内訳は

40分台、2名

41分台、4名

42分台、2名

と、8名が42分台以上の自己記録を持っています。

競歩をしたことがない方からすれば、どう評価してよいか、分からないと思いますが

大学の過去のチーム作りの中で、一番層が厚くなってきています。

しかも、40分台・41分台を出している選手のほとんどは1年生なので

来年には、1分ずつレベルを上げたいと思っています。

 

こうして、記録が良くなってきている要因の1つは、

「しっかりと距離を踏む」

とうことです。

つまり、長い距離を安定してトレーニングをする、ということです。

 

これは、ウォーキングをする方も、競歩をする方にも、当てはまります。

どんなレベルの人でも、たくさん歩くことが出来れば、「歩く筋力」というのがトレーニング出来ます。

そして、正しいフォームで無ければ、

長い距離をウォーキングすると、「痛い場所」「疲労」がでて、長い距離をトレーニングし続けることが出来ません。

 

競歩選手であっても、ウォーキング初心者であっても、上手なフォームを身に付けて

長い距離を歩ける・ウォーキング出来るようになると、いろいろと上達が進む、ということなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. メール通信・パーソナルを受講されてる皆さんの、結果一例
  2. 腕を振ってるが進む感じがしない!という方へ
  3. レポート ナイトウォーク 東京タワーtoスカイツリー 2017年…
  4. ベントニー(膝曲がり)で 気を付けること 初心者の動画から学ぶ
  5. ウォーキング 競歩 で、フォームの上達は速さを「実感しない」事
  6. もう一人、自分を増やす方法求む
  7. ふくらはぎは第2の心臓
  8. 行橋別府100km メール通信トレーニングが生み出した可能性
PAGE TOP