ブログ

ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から

 

ウォーキングで速いペースを身に付けようと考えたときに

まず、しなければいけないのは、

「短い距離で良いから、目標とする速いペースでウォーキングできるようになる」

ということです。

これが出来なければ、話になりません。

本当に短くて構いません。まずは100mくらい。

 

そして、100mくらいを速くウォーキングをしたときに、

その時の「身体の感覚」を整理します。

どこに力が入っていた?どこの力が抜けていた?どこが一番疲れたか?

これをすることで、速さを生み出しているときに、どこに「無駄」があるのか?

を洗い出していきます。

 

例えば、「肩に力が入っている」という感覚が、速くウォーキングしたときに

あったのであれば、「肩の力を抜いてウォーキングしてみる」ということです。

こうして、動きの無駄な部分を削ぎ落していけば、いいのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  2. ランウェイを競歩で歩け! ミラノコレクション
  3. 全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所
  4. 大崎‐新横浜ウォーキング、100㎞ウォーカーを悩ます
  5. ここ最近で一番読まれているblogは。。。
  6. 74才女性でも! ハーフマラソンで2時間43分39秒でゴール!
  7. 100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!
  8. 夏のウォーキングトレーニングで、給水以外に必須なもの
PAGE TOP