ブログ

ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から

 

ウォーキングで速いペースを身に付けようと考えたときに

まず、しなければいけないのは、

「短い距離で良いから、目標とする速いペースでウォーキングできるようになる」

ということです。

これが出来なければ、話になりません。

本当に短くて構いません。まずは100mくらい。

 

そして、100mくらいを速くウォーキングをしたときに、

その時の「身体の感覚」を整理します。

どこに力が入っていた?どこの力が抜けていた?どこが一番疲れたか?

これをすることで、速さを生み出しているときに、どこに「無駄」があるのか?

を洗い出していきます。

 

例えば、「肩に力が入っている」という感覚が、速くウォーキングしたときに

あったのであれば、「肩の力を抜いてウォーキングしてみる」ということです。

こうして、動きの無駄な部分を削ぎ落していけば、いいのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングをスポーツとして発展させるために!
  2. LT値(乳酸性作業閾値)を知ることは自分を知ること
  3. 日本人初の競歩メダリストの引退に想う
  4. 靴底が硬いNEWシューズ。けどそれがお気に入り
  5. 久々のほぼ全力5km!競歩@塩谷講習会
  6. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
  7. 真っ赤なシャンプー事件
  8. 桐生選手の9秒台に想う
PAGE TOP