ブログ

平昌五輪の閉会式を観て想う事

五輪を観て想うのは、やっぱり五輪は良いなぁ

っと、いう事です。

世界が一つになることが感じられ、日本の選手だけでなく

アスリート一人一人にドラマがあり、

それはすべての人に通ずる人生の縮図であり、

人間賛歌。

これが、東京に2年後に来ると思うとやはり楽しみしかありません。

 

ただ、閉会式の中継を観て想ったのは

「もっと韓国の歴史と伝統に触れたかった」

という感覚です。

 

DJにKポップ。五輪は世界発信の見本市みたいな部分はありますが

もっとその国しかない、独自性というものを観たかったなぁ

っと、単純に思いました。

 

Kポップより、「人面鳥」の方が記憶に鮮明に残りますからね

 

願わくは、東京五輪の開会式・閉会式は、

日本にしかないものを世界にしっかりと発信する

日本にしかできないものであって欲しいと、つくづく思います。

Follow me!

関連記事

  1. 口の中が…、梅雨空のごとく…
  2. 箱根駅伝予選会、映る気は無かったのですが。。。
  3. 世田谷 レガシーの旅は 五輪観戦の練習です
  4. 【実践】ウェストを引き締め、くびれを作るウォーキング
  5. 100㎞ウォークチャンピオンとのウォーキング対談 Vol1 10…
  6. ウォーキング や 競歩 足を前に出す動作で間違いがちなこと
  7. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
  8. 腕を振ってるが進む感じがしない!という方へ
PAGE TOP