ブログ

肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事

ウォーキングで「肘を曲げて振る」は

ピッチも上がりやすくなり、スピードを出して歩くためには

必要不可欠な方法です。

 

ですが、ウォーキングを通常行っている方は

あまり腕を曲げて歩く習慣がないので、どうしても戸惑うようです。

そして、どうしても肩に力が入り、

ピッチを上げるはずが、腕を速く振ることが目的となり

下半身と上半身がかみ合わない、ってことが多く起こります

 

一番、やってしまう失敗は「太鼓叩き腕振り」

 

前に腕を振ったときは肘は曲がっているけど

後ろに引いた時は、肘は伸びている。

たまにblogでも書きますが、この肘を曲げ伸ばし腕振りを

してしまう方は多く存在し、そして自分でそのことに気が付けない

っという方も、多くいます。

 

上下のリズムが生まれる、この太鼓叩き腕振りには、初心者の方はぜひ気を付けて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩でシューズに求めるべきもの
  2. 練習嫌いなパーソナル受講者が教えてくれた、スポーツを楽しむ本質。…
  3. 「疲れ」を科学的に簡単にとらえる
  4. 高校生へのパーソナルで思ふ
  5. 情報が溢れる世の中での情報の価値とは?
  6. ウォーキング について東大教授と対談記事がアップされています!
  7. ウォーキングで「膝」をどう使うのか?
  8. TV出演の反響
PAGE TOP