ブログ

箱根駅伝 母校の解散式に想う

箱根駅伝が無事に終わりました。

母校は残念な結果に終わりましたが、

3強と言われながらも、往路優勝は逃したものの

青山学院大学の圧勝と言っていい内容でした。

 

競技スポーツに身を置くものとして、

勝負の結果が評価されることは、受け入れなければいけないことです。

良い結果であれば、特段問題は無いのですが

やはり悪い結果のときは、それまでどんなに良い結果を積み上げてこようとも

そのとき出した結果ばかりがクローズアップされます。

 

競技というものは、つくづく残酷だなぁ、っと思います。

そして、勝てば官軍です。

 

負けた者は、負けた悔しさが一番のエネルギーにしなければいけません。

母校の箱根駅伝解散式で気になったのは、

悔し涙の選手がいなかったことです。

ひょっとしたら、私が気が付かなかっただけかもしれませんが。

 

もちろん、泣けば良い、というつもりで言っている訳ではありません。

ただ、エモーショナル(感情的)な部分が、なければ

耐えられることの範囲が小さくなる、と思います。

 

私の懸念が「老婆心」で終わって欲しい、と思わずにはいられません。。。

Follow me!

関連記事

  1. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  2. 20㎞競歩 でメダルを獲得するための合宿というのが本題の合宿です…
  3. 74才でも17㎞のトレランで昨年よりも15分タイムを縮める
  4. 膝を曲げる、という負担
  5. ウォーキングのときに、おすすめの道の色
  6. 子供・孫の後ろ姿に学ぶ 競歩はウォーキングの延長線上???
  7. 1年の計は元旦にあり!
  8. 座学のすすめ 【座学】ウォーキング講習会
PAGE TOP