ブログ

気温と移動距離を渡り歩く

オーストラリアより無事に日本に帰国しています。

 

実はなかなかハードな日程でした。

1月1~3日までは、長野の吹雪の中で過ごし

3日の夜にはオーストラリアへ出発し、気温38度の生活を数日過ごし

暑さに慣れ始めた頃に、帰国。

帰国した翌日に吹雪の猪苗代湖に行き、

その翌日は氷点下の中、猪苗代湖で水行で猪苗代湖へ入水する、という離れ業をしてました。

 

移動に移動につぐ連続、そして気温の落差。

さすがに体調を壊すだろう、っと思っていましたが、

思いのほか元気で、いまのところは問題ありません。

 

疲れが溜まるころがいつで?どんな症状がでるのか?

心配していますが、逆に体調が崩れないのも

年齢の割にこんな無茶をしても調子を悪くしない、自分にちょっとひきます(苦笑)

Follow me!

関連記事

  1. 気温は結果に影響する 100㎞でトップが12時間台が出なかった理…
  2. 変形膝関節症 でしていい ウォーキングの距離・速度・頻度の要因
  3. 寒くても血圧のために歩きましょう!NHKは影響力大
  4. 競歩式ランで学べる最大のポイント
  5. WEB雑誌の取材依頼の折り合いがつかなかったことに想う
  6. ロボットからウォーキングを学ぶ
  7. 20㎞競歩は日本最高レベルの層の厚さ、これをどう結果に結びつける…
  8. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
PAGE TOP