ブログ

リオ五輪、火花を散らした二人が今は合同練習中

 

 

 

 

 

 

リオ五輪で50㎞競歩銅メダル争いで火花を散らした二人が

今はオーストラリアで一緒に練習をしています。

先行した日本チームにカナダのエヴァン・ダンフィー選手が追い付いていくところです。

 

そして、

 

 

 

 

 

 

追いつきました。

写真を見ると分かる通り、ダンフィー選手は給水は自分で持ってトレーニングします。

日本選手はこのときは私がサポートスタッフで合宿にいっていたので

私が自転車で手渡しです。

ダンフィー選手にはサポートはこのときはいませんでした。

それでも長い距離を給水ボトル1本でやり切る力が、海外の選手にはあります。

 

日本チームにはこんな海外選手の「タフさ」を磨いて欲しいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩くことの効能
  2. 最近のスポーツのパワハラ問題の根っこにあるもの
  3. 値段が高いシューズほど靴底の減りが早い理由
  4. マラソン日本最高記録に想う、日本マラソン界の本当の敵とは・・・
  5. 世論は、選手の気持ちでは無いのです
  6. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
  7. 2017世界陸上ロンドン大会 50㎞競歩 レヴュー
  8. ウォーキング 競歩 で、フォームの上達は速さを「実感しない」事
PAGE TOP