ブログ

冬季五輪の難しさを改めて観戦しながら想う

冬季五輪の選手が必死に戦っています。

今回は気象条件も厳しく、屋外の選手も苦労しているようです。

ただ、条件は一緒。日本の選手だけが厳しい状況ではないので

諦めずに頑張って欲しいです。

 

冬季五輪は夏季五輪に比べると規模も小さく

選手のトレーニング環境も、昔から良くなったとはいえ

フィギアスケートなど人気種目以外は、まだまだ苦しい状況です。

だからこそ、五輪で活躍してなんとか認知度を上げて

強化費を得て安定したトレーニング環境が作れるよう、頑張るのです。

 

ただ冬季五輪が苦しむのはそのスポーツと生活との「近さ」でしょう

マラソンや100m走であれば、道具も場所もいりません

サッカーもボール一つあれば、一人でもできます。

寒かろうが、暑かろうが大抵は出来ます。

 

しかし、冬季五輪はどの種目も必須条件として「寒さ」が必要です。

スキーであればゲレンデ、スケートならばリンク。

そして専用の用具が必要で、寒さをしのぐウェアも必要です。

ゲレンデに行けばいい、という訳でなく、リフト代も掛かります。

スポーツが生活に身近で無い分、どうしてもそのスポーツをするための

「単価」が高くなってしまいます。

 

そして、参加国数は増えては来ていますが、世界中の人が参加できるという訳ではありません。

それも、広がりを阻害している一つの要因です。

 

夏季五輪は肥大化して、問題になっていますが

冬季五輪は盛り上げるためにもどんどん種目を増やしてます。

冬季五輪が盛り上がるためにも、室内系の五輪種目は冬季にうつしても良いかもしれません。

※だいぶ昔に国際オリンピック委員会でも検討されたことはあり。

 

必死で、戦う選手たちを、そんなことを考えながら応援しています。

Follow me!

関連記事

  1. 膝痛持ち 変形性膝関節症のウォーキング愛好家に読んで欲しいblo…
  2. 今日の最高気温は38度で、東京の暑さ対策
  3. 74才(女性)でも前年よりトレランでタイムを縮められた秘密は安鎮…
  4. メダリストたちのオーストラリア合宿がスタート
  5. 汗を掻きたくない人こそ、運動するなら「今でしょ」
  6. ドーピングは、一般の人の方がアスリートより一般的
  7. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  8. なんとか四半期のスケジュールを立てました!
PAGE TOP