ブログ

雪上競歩のダメージ

前回船久保杯の話を書きましたが、今回はそのダメージの話をします。

まずは10000*4のダメージを。練習不足が否めない状態での力試しで歩いたのでダメージが来るとは思っていたのですが…内臓疲労がだいぶきましたね。久しぶりに口の周りに吹き出ものが出来てしまいました。身体の疲労はそれほどとは思わなかったのですが、内側にはダメージが来ていましたね。

そして雪上を競歩したダメージ。トラックを100周以上したからなのかもしれませんが、左足の足底と背中の左側に痛みが…ケガには強いと思っているのですが、このダメージを1週間も引きずってしまいました。その間の練習は40分を1キロ7分ペースほどで歩くのが精一杯。

雪の上を歩くことで変に力が入って歩いたからかトラックを同じ周りで歩いてバランスが崩れたか、その両方か…久しぶりにケガをしてしまったかと思いましたが、何とか良くなってくれて安心しました。

皆さまも雪の上をウォーキングする場合はケガをしないように気をつけてください。

Follow me!

関連記事

  1. 2017年100キロウォーク全3レース分析①
  2. ウォーキングで「速いペース」を維持するために大切なこと
  3. UWTT分析①
  4. 100キロウォーキング(つくば)
  5. 2017年100キロウォーク全3レース分析②
  6. 100㎞のため全日本実業団10000m競歩 ゴールしました!
  7. 秋の目標は
  8. 参加してみたい100キロウォーク大会②
PAGE TOP