ブログ

ウォーキング のフォーム(歩形)の重要性

良く書くことですが、

ウォーキング(歩く)という行為は、学ばなくても皆さんが出来る動作です。

だからこそ、独自のフォーム(歩き方)

長年染みついてきた身体の記憶は、ちょっとやそっとじゃ抜けません・・・

 

なんてことは無い!、というのが今回の動画講習会で良く分かりました(笑)

 

長年歩いてきたフォームで、スピードや距離の限界をウォーキングで感じたとき

ちょっとした、ポイントで

「力を入れずにスピードが出た」

という、成功体験は身体に染みついた動きを一気に洗い流します。

動画だと、そのフォームを目の当りにできるのですから

俄然、フォームの意識は高まります。

 

もちろん、ここは個人差があるところですが

動画講習会では、自分の歩く姿を見るのが初めてという方が多いです。

そして、口々に言う感想は

「自分の思っていた歩き方とまったく違う(苦笑)」

ということです。

 

この気付きがとても大事です。

フォームが自分の感覚と実際に違う。

このことに気付けることが、フォームの重要性を認識する第一歩です

 

その次に大事なのは、

「どうフォームを修正するか?」を知ることです。

そうなると、フォームへの重要性の意識がさらに高まるのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑥ 腕を回してウォーキン…
  2. ドーピングは、一般の人の方がアスリートより一般的
  3. 感度を上げれば、フォームが良くなる
  4. 速く 楽に ウォーキングする 姿勢の写真
  5. 運動初心者が 痩せるなら ウォーキング? ランニング?
  6. 【レポート】座学ウォーキング講習会 全3回 無事に終了
  7. 山手線1周ウォーキングやります!2017年10月
  8. 歩幅と認知症 ニュース記事より
PAGE TOP