ブログ

20㎞競歩は日本最高レベルの層の厚さ、これをどう結果に結びつける?

日本選手権のハイレベルでした。

過去最高でしょう。

それを感じさせる要素は2つ

・表彰台に1時間17分台で無いと上がれない。

歴代のどの国を見ても、トップ3が17分台は無かったです。

なにより、凄いのは…

・1時間20分を切らないと入賞できない

これは、ちょっと異常なレベルです。

こんな国も世界中を見渡しても、日本だけです。

 

そして、世界に類を見ない層の厚さで、20㎞競歩でメダルを獲ったことの無い国も…

 

ただ、今回は希望の光が見えるのは

後半の方がペースアップをしている、という点です。

今までは、前半からペースが上がり続け、後半5㎞は我慢比べ

という、展開ばかりでしたが、今回は後半の方がペースが上がりました。

世界のレースに近づきました。

ただ、過去の五輪・世界陸上の結果から各国が今回の日本の結果に恐れるか?

と言ったらそれほどでは「まだ」ないでしょう。

 

今年の5月に「世界競歩チーム選手権」が中国で行われます。

そこで団体で20㎞競歩が金メダルを獲らない限り、

世界は日本を認めないです。

それだけ、日本は「内弁慶」っぷりを世界に見せつけてきました。

 

競技以外のネガティブなニュースが20㎞競歩にはありますが

各選手には、しっかりと「世界競歩チーム選手権」にて

競歩大国日本の狼煙を上げて欲しいと思っています。

 

Follow me!

関連記事

  1. 2019年 箱根駅伝が迫ってきました!
  2. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  3. もう一人、自分を増やす方法求む
  4. 寒い日は、なんだかウォーキングno調子が上がらない、という方へ
  5. サロマ湖100㎞、競歩ナショナルチームが挑戦します!
  6. 東京マラソンで一番印象に残ったのは、大迫選手ではなく、高橋尚子さ…
  7. 講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です
  8. なぜ、ウォーキング(競歩)が遅いのか?を見つけるのも速くなる方法…
PAGE TOP