ブログ

マラソン日本最高記録に想う、日本マラソン界の本当の敵とは・・・

16年ぶりにマラソンの日本記録が樹立されました。

そして、2時間10分切りも多く、日本男子マラソン界が活況です。

 

個人的にも、負けはしましたが2位となった井上選手とそのコーチは、後輩になるので

嬉しい限りです。

 

さて、日本記録は凄いのですが、東京五輪でメダルが獲れるか!

と言ったら、まだ努力が必要です。

設楽選手の正式タイム2時間6分11秒は2017年の世界ランキング22位相当です。

五輪ではマラソンは各国3名しか出れませんが、そのランキングでみても2017年で見れば7位相当で

メダル相当とは言えません。

 

きっとメディアはこの記録で「メダル、メダル」と騒ぐでしょう

そして、それが選手に余計な重圧を掛けることになることを気にもせず・・・

 

実は、日本マラソン界の敵は、海外の強豪選手では無く

期待を煽って、視聴率やビジネスにつなげたいメディアなのかもしれません・・・

Follow me!

関連記事

  1. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  2. 皆さんのフォームを動画でみて、昔の自分を思い出す
  3. 平昌五輪を楽しむために絶対に見るべきポイント
  4. 自分のウォーキングのスキルが高いのか?低いのか?簡単に知る2つの…
  5. 【レポート】4月開催 ウォーキング講習会in砧公園
  6. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  7. しおや100㎞ウォーク 男女で1位
  8. ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペース…
PAGE TOP