ブログ

ネガティブスプリット ポジティブスプリット

ネガティブスプリットとポジティブスプリット

という言葉があります。

簡単に言うと、

前半ペースを抑えて後半ペースアップをする(ネガティブスプリット)

前半積極的にペースを速くし、後半粘る(ポジティブスプリット)

ということです。

 

どちらの方が結果が出やすいか?というとネガティブスプリットが出ると思います。

ただ、初心者はポジティブスプリットの方が速いタイムを出せる!

という方がいるようですが、個人的には長い目で見れば

ネガティブスプリットの方が圧倒的に、タイムは出ます。

(おそらくプロフェッショナルほどそういう見解にたどりつくでしょう)

 

ポジティブスプリットを勧める方の言い分は、初心者にはペース配分は出来ない

という思い込みです。

それは誤解です。確かにレースペース身に付けるというのは難しいですが

今はアプリで自分のペースをコントロールできる時代です。

ですので、シリアスなマラソン大会で無ければ、

携帯で問題無くペースをアプリより指示されてペースを作れます。

 

やはり後半に力をためる、というレースをすれば

みんなが落ちてくる後半にペースを上げる、もしくは現状維持だけでも

人を抜けるでしょう。

 

そうなると抜くのがたしくなり、自然とリズムも生まれます。

 

ネガティブスプリット!ウォーキング向け考え方なので、ぜひ皆さんも試してください

 

Follow me!

関連記事

  1. 最近のスポーツのパワハラ問題の根っこにあるもの
  2. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  3. 五輪に出場した選手が、帰国して一番最初に想う事
  4. 世界陸上 選手の体型をジロジロ見よう!
  5. 男子20km競歩 世界競歩チーム選手権 団体金メダル 解説!
  6. 43才、初めての3000m競歩を16分台でマスターズ陸上で勝って…
  7. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  8. RWランニング (競歩式ラン)
PAGE TOP