ブログ

ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性

たまにこのブログでも腕振りの重要性を書いてますが

冬季五輪を見ていて、皆さんにもきっと分かりやすい事例なので

改めてブログに書くことにしました。

 

スピードスケートを観ていると、腕を「左右」に大きく振っています。

スケートの場合、外側に蹴って進むので、必然的に横に足が動き

そのために腕振りも大きく横に振ります。

脚の使い方と上半身が連動をしている良い例です。

 

そもそもスケートまっすぐ後ろに蹴る、なんて意識したら

誰も前に進めません、

 

ウォーキング 競歩ではまっすぐ前に足を動かすことが出来ます。

だから、うでは前後に振る必要があるのです。

Follow me!

関連記事

  1. びわ湖100km挑戦ウォーカーから、結果報告メール、ウォーキング…
  2. 【レポート】ウォーキング&競歩講習会in大阪① 2017年4月
  3. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー④ 【達人(ベテラン編)…
  4. 今日のつぶやき。。。 スポーツの社会還元
  5. 74才でも17㎞のトレランで昨年よりも15分タイムを縮める
  6. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  7. 2018UWTT無事に終了!
  8. 山手線ナイトウォーキング 眠気との闘いの日々
PAGE TOP