ブログ

ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性

たまにこのブログでも腕振りの重要性を書いてますが

冬季五輪を見ていて、皆さんにもきっと分かりやすい事例なので

改めてブログに書くことにしました。

 

スピードスケートを観ていると、腕を「左右」に大きく振っています。

スケートの場合、外側に蹴って進むので、必然的に横に足が動き

そのために腕振りも大きく横に振ります。

脚の使い方と上半身が連動をしている良い例です。

 

そもそもスケートまっすぐ後ろに蹴る、なんて意識したら

誰も前に進めません、

 

ウォーキング 競歩ではまっすぐ前に足を動かすことが出来ます。

だから、うでは前後に振る必要があるのです。

Follow me!

関連記事

  1. ジョグ歩とウォーキングの違い
  2. 寒い日は、なんだかウォーキングno調子が上がらない、という方へ
  3. ウォーキング 競歩 で、フォームの上達は速さを「実感しない」事
  4. 1㎞をどれぐらいの速さでウォーキング出来ますか?
  5. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  7. 【パーソナル】30㎞で疲労感を感じない、【メール通信】62才で自…
  8. ネガティブスプリット ポジティブスプリット
PAGE TOP