ブログ

ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性

たまにこのブログでも腕振りの重要性を書いてますが

冬季五輪を見ていて、皆さんにもきっと分かりやすい事例なので

改めてブログに書くことにしました。

 

スピードスケートを観ていると、腕を「左右」に大きく振っています。

スケートの場合、外側に蹴って進むので、必然的に横に足が動き

そのために腕振りも大きく横に振ります。

脚の使い方と上半身が連動をしている良い例です。

 

そもそもスケートまっすぐ後ろに蹴る、なんて意識したら

誰も前に進めません、

 

ウォーキング 競歩ではまっすぐ前に足を動かすことが出来ます。

だから、うでは前後に振る必要があるのです。

Follow me!

関連記事

  1. 感情的にはまったく変わらない ナショナルチーム合宿で、想いを馳せ…
  2. 山手線1周ウォーキング アンケート 2017年5月
  3. 初心者こそ ウォーキング・競歩で、動画を撮りたい理由
  4. つぶやき。。。
  5. 速く歩こうとして、つい陥る「罠」
  6. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  7. パーキンソン病 骨盤と腕振り(肘)の連動で ウォーキングがスムー…
  8. 4年ぶりの大雪で開店休業中
PAGE TOP