ブログ

ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性

たまにこのブログでも腕振りの重要性を書いてますが

冬季五輪を見ていて、皆さんにもきっと分かりやすい事例なので

改めてブログに書くことにしました。

 

スピードスケートを観ていると、腕を「左右」に大きく振っています。

スケートの場合、外側に蹴って進むので、必然的に横に足が動き

そのために腕振りも大きく横に振ります。

脚の使い方と上半身が連動をしている良い例です。

 

そもそもスケートまっすぐ後ろに蹴る、なんて意識したら

誰も前に進めません、

 

ウォーキング 競歩ではまっすぐ前に足を動かすことが出来ます。

だから、うでは前後に振る必要があるのです。

Follow me!

関連記事

  1. 日本代表を背負う事 背負った者しか分からない領域
  2. 競歩の歩き方 74才女性でも綺麗な競歩で歩けます
  3. サッカー日本代表の代わりにボヤいてみました
  4. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  5. 本番間近!! 世界陸上ロンドン2017 解説日記④
  6. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
  7. 競歩式ランでの身体の使い方 簡単にできること
  8. テン6ウォーキングは、皆さんが思う以上に簡単です!!!
PAGE TOP