ブログ

スタミナを生み出す理屈

長い距離を歩くときに必要なことは

動きに無駄が少ないことです。

例えば、10のスタミナがあり、1㎞進むために、1の体力を使うと

10㎞しかスタミナが持ちません。

1㎞進むために、0.5の体力で歩ければ、

倍の20㎞を歩ける計算になります。

 

スピードが遅くなると、当然消費カロリーが落ちるので

スピードを落とせば、体力が持続でき、遅くても20㎞は歩けます。

ですので、速く歩くことより、長い距離を歩く場合はペースを落とす

というのは、当然の理屈なのです。

 

そして、もっとも意識したいのは。動作効率。

いかに効率よく、身体を動かせるかが大事なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
  2. ロンドン最終日 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑧
  3. テン6ウォーキングが教えてくれること
  4. ウォーキング 競歩 で、フォームの上達は速さを「実感しない」事
  5. 骨粗鬆症 のために ただウォーキングをすれば良いということではな…
  6. ウォーキング 初心者でもベテランでも 坂を上るときにしたい腕の振…
  7. 身の引き締まる職務を改めて拝命しました。。。
  8. 男子20km競歩 世界競歩チーム選手権 団体金メダル 解説!
PAGE TOP