ブログ

スタミナを生み出す理屈

長い距離を歩くときに必要なことは

動きに無駄が少ないことです。

例えば、10のスタミナがあり、1㎞進むために、1の体力を使うと

10㎞しかスタミナが持ちません。

1㎞進むために、0.5の体力で歩ければ、

倍の20㎞を歩ける計算になります。

 

スピードが遅くなると、当然消費カロリーが落ちるので

スピードを落とせば、体力が持続でき、遅くても20㎞は歩けます。

ですので、速く歩くことより、長い距離を歩く場合はペースを落とす

というのは、当然の理屈なのです。

 

そして、もっとも意識したいのは。動作効率。

いかに効率よく、身体を動かせるかが大事なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 自分のフォームに違和感を感じることはありますか?
  2. 大阪開催が近づく!
  3. ウォーキング のフォーム(歩形)の重要性
  4. 全3回初級者歓迎~中級者 競歩講習会の1回目が終わって頂いたメー…
  5. 膝を曲げる、という負担
  6. びわ湖100km挑戦ウォーカーから、結果報告メール、ウォーキング…
  7. 自分のフォームがレベルアップしたと感じるポイント
  8. 夜の都心をウォーキング!!
PAGE TOP