ブログ

スタミナを生み出す理屈

長い距離を歩くときに必要なことは

動きに無駄が少ないことです。

例えば、10のスタミナがあり、1㎞進むために、1の体力を使うと

10㎞しかスタミナが持ちません。

1㎞進むために、0.5の体力で歩ければ、

倍の20㎞を歩ける計算になります。

 

スピードが遅くなると、当然消費カロリーが落ちるので

スピードを落とせば、体力が持続でき、遅くても20㎞は歩けます。

ですので、速く歩くことより、長い距離を歩く場合はペースを落とす

というのは、当然の理屈なのです。

 

そして、もっとも意識したいのは。動作効率。

いかに効率よく、身体を動かせるかが大事なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  2. 変形膝関節症を発症して初めての20㎞をウォーキングした64才女性…
  3. ウォーキングで ふくらはぎ が痛くなる という方
  4. 2017世界陸上 メダルへの道⑤ コーチのお仕事
  5. ウォーキングジムパーソナルで必ずお伺いすること
  6. 世界陸上ロンドン大会の競技スケジュールの持つ【深い】意味
  7. 【レポート】 ウォーキング 講習会in外苑 2017年11月 
  8. 歩幅と認知症 ニュース記事より
PAGE TOP