ブログ

当時は、俺ってスゲー、っと思ってました

テクノロジーが一般化してきて、普及することの恩恵は多々あります。

例えば、ウォーキングでもランニングでも

自分が今、どれぐらいのペースで走っている・歩いているが分かりようになりました。

GPS付きの時計であれば、時速がリアルタイムで分かるので

オーバーペースになることは、その時計さえして

忠実に表示されている速度を守れば、ペースを間違えることはありません。

 

昔は、距離表示がしてあるところであれば、

その距離毎にペースを確認しながら、トレーニングをするのですが

だいたい1㎞毎に距離表示があるので、自分のペースを確認するには

1㎞進まないと分からなかったりするので、

競技をやり始めの頃は、トレーニングのときのペースはバラバラになりがちで

感覚的にペースが分かるようになるまでは苦労をしました。

 

 

しかし、今はこのテクノロジーの発達で

当時の私より早く自分のペースを身に付ける、ということが

リアルタイムで自分のペースを知ることができるので、可能になりました。

 

途中で時計をみてもそれが設定ペース通りかは分からないので

1㎞を通過したときに時計を見たら、設定ペース通りだったときに

「俺ってスゲー」

っと、当時は思っていたのですが、

今は皆さんはリアルタイムでそれができるので、まず1㎞でペースを間違えることは無いでしょう...

 

テクノロジーの進化、恐るべしです。

俺ってスゲー、っと思っていた当時が懐かしいです(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 腕振りが苦手な職種
  2. 足の長さは左右同じではありません
  3. 久々の競歩式ラン講習会
  4. 100㎞でのペースや 糖の話の最終回(とりあえず)
  5. ロボットからウォーキングを学ぶ
  6. 50㎞競歩の凄さ、そして廃止の検討
  7. ウォーキングのためのウォーミングアップ
  8. クマの古道を歩く
PAGE TOP