ブログ

競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス

2007年世界陸上大阪大会男子20㎞競歩で優勝した

ジェファーソン・ペレス選手です。

ジェファーソン・ペレス選手は世界陸上を大阪大会まで3連覇し、五輪の金メダリストにもなった

名選手です。

ペレス選手のフォームは当時絶賛されていました。

柔らかい膝関節で重心の上下動がほとんどなく、地面に吸い付くように歩くフォームは

良くお手本となっていました。

肘の引きの高いところや、後ろへの歩幅(足離れが遅い)ところは、初心者でも見習えるところです。

 

実は、彼には2度ほど勝ってます。

ビリヤードで(笑)。

ドイツ遠征でたまたま同宿になり、夜になんだかビリヤードをやることになり

運よく勝てました。

あとは、実は世界陸上エドモントン大会、私が7位でペレス選手が8位

きっと彼にはビリヤードしか勝てないだろうなぁ、っと思っていたので

ゴールして彼が私の次にゴールしてきたのに、とてもビックリしたのを覚えてます。

Follow me!

関連記事

  1. 暑い時期になり始めたからこそ ウォーキングすべきです!
  2. 【座学】ランニング・ウォーキングのための心拍数を活用した、トレー…
  3. ロンドンより、明日一旦帰国します。
  4. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  5. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  6. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  7. 競歩でゴールしたから、自分のフォームが良いフォームだと思うのは誤…
  8. 膝痛持ち 変形性膝関節症のウォーキング愛好家に読んで欲しいblo…
PAGE TOP