ブログ

競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス

2007年世界陸上大阪大会男子20㎞競歩で優勝した

ジェファーソン・ペレス選手です。

ジェファーソン・ペレス選手は世界陸上を大阪大会まで3連覇し、五輪の金メダリストにもなった

名選手です。

ペレス選手のフォームは当時絶賛されていました。

柔らかい膝関節で重心の上下動がほとんどなく、地面に吸い付くように歩くフォームは

良くお手本となっていました。

肘の引きの高いところや、後ろへの歩幅(足離れが遅い)ところは、初心者でも見習えるところです。

 

実は、彼には2度ほど勝ってます。

ビリヤードで(笑)。

ドイツ遠征でたまたま同宿になり、夜になんだかビリヤードをやることになり

運よく勝てました。

あとは、実は世界陸上エドモントン大会、私が7位でペレス選手が8位

きっと彼にはビリヤードしか勝てないだろうなぁ、っと思っていたので

ゴールして彼が私の次にゴールしてきたのに、とてもビックリしたのを覚えてます。

Follow me!

関連記事

  1. リオ五輪、火花を散らした二人が今は合同練習中
  2. 大崎‐新横浜ウォーキング、100㎞ウォーカーを悩ます
  3. 気温は結果に影響する 100㎞でトップが12時間台が出なかった理…
  4. なんとか四半期のスケジュールを立てました!
  5. 前に進むという事と、前に足を出すことは違うんです
  6. マラソン日本最高記録に想う、日本マラソン界の本当の敵とは・・・
  7. 自分のフォームがレベルアップしたと感じるポイント
  8. 何でも良いので「挑戦」してみる。
PAGE TOP