ブログ

競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス

2007年世界陸上大阪大会男子20㎞競歩で優勝した

ジェファーソン・ペレス選手です。

ジェファーソン・ペレス選手は世界陸上を大阪大会まで3連覇し、五輪の金メダリストにもなった

名選手です。

ペレス選手のフォームは当時絶賛されていました。

柔らかい膝関節で重心の上下動がほとんどなく、地面に吸い付くように歩くフォームは

良くお手本となっていました。

肘の引きの高いところや、後ろへの歩幅(足離れが遅い)ところは、初心者でも見習えるところです。

 

実は、彼には2度ほど勝ってます。

ビリヤードで(笑)。

ドイツ遠征でたまたま同宿になり、夜になんだかビリヤードをやることになり

運よく勝てました。

あとは、実は世界陸上エドモントン大会、私が7位でペレス選手が8位

きっと彼にはビリヤードしか勝てないだろうなぁ、っと思っていたので

ゴールして彼が私の次にゴールしてきたのに、とてもビックリしたのを覚えてます。

Follow me!

関連記事

  1. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
  2. 競歩式ラン 競歩講習会 競歩の技術の習得は楽しい!
  3. めちゃくちゃ怒ってます!
  4. 6月10日放送 TBS 炎の体育会TVに出演します 声だけですが…
  5. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  6. ようやく大阪で開催できます!
  7. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  8. 中国で100kmを想う
PAGE TOP