ブログ

20㎞競歩 でメダルを獲得するための合宿というのが本題の合宿です

ナショナルトレーニングセンターでの合宿最終日です。

昨日はメディアに合宿を公開したので、今日は多くの記事が出ています。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042001049&g=spo

https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50580_Q8A420C1000000/

 

30名のほどの記者の方が来て、共同の取材と個々の囲み取材

2時間ほど掛かりました。

 

ちなみに、選手はJAPANユニフォームでしたが、いつも着て練習をしている訳ではありません。

取材用にわざわざ着てます。

 

今回の合宿は様々な合宿が合わさっている合宿、というのが本当のところです。

50㎞チームは世界競歩チーム選手権に向けての合宿

20㎞チームは東京五輪に向けて20㎞を戦略的に強化をする合宿です。

 

20㎞はここまで世界トップクラスの自己記録を持っているが

五輪・世界陸上・世界競歩チーム選手権と、世界大会でメダルを獲ったことがありません

 

実は、メダルを獲るのが難しいのはこの世界競歩チーム選手権です。

どうしてかというと、参加人数の多さです。

五輪・世界陸上では、1ヵ国からの参加人数は3名が上限ですが

世界競歩チーム選手権では、5名まで参加出来ます。

つまり、参加人数の多さは五輪・世界陸上の2倍以上の参加があります。

単純に強豪国でベスト3に入れない選手でも、出場が出来てしまうので

競争は人数が増えるだけでなく、質も高くなります。

 

そこで、キッチリとメダルを獲り切って欲しいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 【講習会参加者の声】ウォーキング講習会in浦和
  2. 【レポート】4月開催 ウォーキング講習会in砧公園
  3. 競歩式ランで走っているパーソナル受講者が医者から言われたこと
  4. 「速く歩く」ということは、健康にとってとても大切
  5. 競歩 TV 解説者として情報収集はしっかりと
  6. 心拍数は自分のラン・ウォーキングの技術が向上したかが分かる指標
  7. 知ってますか?日本オリンピック委員会の使命
  8. インタビュアーが盛り上がれば盛り上がるほど、盛り下がる・・・
PAGE TOP