ブログ

ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切

ウォーキングでは、ランニングより

その一歩に「緊張とリラックス」を極端に生むことができます。

 

体重が載って、それを身体を押し出す足として活用

蹴り終わって前に出す足は、緊張から解放されてリラックスされている。

 

この相反する2つの動作をしっかりと作り

そのギャップ(緊張する足はより緊張し、リラックスする脚はよりリラックスする)を

大きくすることが出来れば出来るほど、楽に歩けるのです。

 

一歩の中で、メリハリをつけるのをぜひ心がけて下さい。

 

Follow me!

関連記事

  1. 夢へ、一歩一歩
  2. 山手線1周ウォーキングスタイル
  3. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  4. 山手線ナイトウォーキング 眠気との闘いの日々
  5. Jアラートを目覚ましと勘違い…
  6. 1㎞をどれぐらいの速さでウォーキング出来ますか?
  7. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  8. 速く歩く一番シンプルな方法
PAGE TOP