ブログ

ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切

ウォーキングでは、ランニングより

その一歩に「緊張とリラックス」を極端に生むことができます。

 

体重が載って、それを身体を押し出す足として活用

蹴り終わって前に出す足は、緊張から解放されてリラックスされている。

 

この相反する2つの動作をしっかりと作り

そのギャップ(緊張する足はより緊張し、リラックスする脚はよりリラックスする)を

大きくすることが出来れば出来るほど、楽に歩けるのです。

 

一歩の中で、メリハリをつけるのをぜひ心がけて下さい。

 

Follow me!

関連記事

  1. 脳に効く ウォーキングの講演をします!
  2. ミッション、国際免許証を取得せよ
  3. 「言葉のストック」を持って パーソナルトレーナーをしています!
  4. 100㎞でのペースや 糖の話の最終回(とりあえず)
  5. 心拍数と痛みの話
  6. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  7. 速く歩くことの効能
  8. 競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?
PAGE TOP