ブログ

100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!

前日の続きです。

100㎞でウォークでペースを落とさずに歩き切ることが出来れば

良いタイムが出ます。

ペースが落ちるから、タイムが悪くなるのです。

この当たり前の理屈を、説明すると

「体内に乳酸が溜まる」「関節に炎症が起きる」などなどです。

 

ちなみに筋肉が疲労や硬くなるのは「乳酸が溜まる」からです。

逆を言えば乳酸が溜まらないようにする。

そうすることで、人は永遠に歩き続ける事ができるのです。

 

それでは乳酸を溜まらないようにする、にはどうすれば良いのか?

この問題には2つのアプローチがあります。

・乳酸の出現をなるべく遅らせる

・乳酸を運動で消費する

これができるようになれば、良いのです。

 

乳酸が出るとなると身体に疲労が溜まってきます。

スピードを出しても乳酸が出るのが遅くすることが出来れば

速いペースを維持していくことが出来ます。

そして、もし体内に乳酸が派生しても

それを、燃やしてあげる(運動で)ことで、身体の乳酸が取り払われ

疲労が運動しているのに溜まらず、除去されてスッキリしてくる

ということも起きます。

 

つづく

Follow me!

関連記事

  1. 気温は結果に影響する 100㎞でトップが12時間台が出なかった理…
  2. 山手線1周ウォーキングやります!2017年10月
  3. 初心者が目指すべきは、速さ?正確性?
  4. ロンドン最終日 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑧
  5. 自分の最大心拍数を知れば、運動の質が向上します
  6. 山手線ナイトウォーク いよいよスタート!
  7. マラソン日本記録保持者を習えば、速くなるというのは間違いです
  8. ナショナルチーム合宿 戦術のケーススタディ
PAGE TOP