ブログ

100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!

前日の続きです。

100㎞でウォークでペースを落とさずに歩き切ることが出来れば

良いタイムが出ます。

ペースが落ちるから、タイムが悪くなるのです。

この当たり前の理屈を、説明すると

「体内に乳酸が溜まる」「関節に炎症が起きる」などなどです。

 

ちなみに筋肉が疲労や硬くなるのは「乳酸が溜まる」からです。

逆を言えば乳酸が溜まらないようにする。

そうすることで、人は永遠に歩き続ける事ができるのです。

 

それでは乳酸を溜まらないようにする、にはどうすれば良いのか?

この問題には2つのアプローチがあります。

・乳酸の出現をなるべく遅らせる

・乳酸を運動で消費する

これができるようになれば、良いのです。

 

乳酸が出るとなると身体に疲労が溜まってきます。

スピードを出しても乳酸が出るのが遅くすることが出来れば

速いペースを維持していくことが出来ます。

そして、もし体内に乳酸が派生しても

それを、燃やしてあげる(運動で)ことで、身体の乳酸が取り払われ

疲労が運動しているのに溜まらず、除去されてスッキリしてくる

ということも起きます。

 

つづく

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングの身体使い方 NHK‐BS1で放送
  2. 43才、初めての3000m競歩を16分台でマスターズ陸上で勝って…
  3. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  4. 競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス
  5. 冬季五輪の躍進!ヤフーニュースの記事に想う
  6. 平昌五輪を楽しみ方をblogで書きましたが盲点が・・・
  7. 100kmウォーク、ゴール後のダメージを回復させるために摂りたい…
  8. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
PAGE TOP