ブログ

ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①

前回の合宿の成果で、今回の結果につながった

とは、思っていません。

ただ、こういう合宿が意義のあることだと思ってもらえるように

準備をして、努力して、選手に伝えるだけです。

 

つまり、我々も選手が試合に向かうときに、努力して準備をする

という工程を経て、選手と対峙して選手と共に大会を戦うのです。

 

「藤澤」がメダルをわざわざ持ってきてくれました。

ちょっと照れくさくて、素直に「ありがとう」も言えず

首に掛けることも出来ずに、手に持ちました。

50も近いおっさんなので、その辺は選手諸君も考慮してくれると嬉しいです(笑)

 

そして、同じく思ったのは、「ここは通過点」

まだまだ、長い道のりです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 平昌五輪を楽しみ方をblogで書きましたが盲点が・・・
  2. ウォーキングジムパーソナルで必ずお伺いすること
  3. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  4. ウォーキング講習会(教室)、名古屋・新潟・大阪で開催します!!!…
  5. 自分の歩幅を知ることの重要性
  6. 速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の部位…
  7. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期から仕上げ期
  8. 天才は、なぜ?自分は天才なのか、と考えた瞬間に凡人になる
PAGE TOP