ブログ

ウォーキング 競歩 で、フォームの上達は速さを「実感しない」事

皆さんはどういうときに、速くなったと感じますか?

時計をみて、タイムが縮んだ時、というのが多くの方の意見でしょう。

私もそれが正解だと思います。

 

しかし、多くの方は歩いている(競歩している)最中に、「感覚として」

速くなったと感じたい!と思うものです。

ただ、根本的に大切なことは、感覚として速くなったと感じることではなく

タイムが縮んでいることです。

どんなに感覚的に速くなったと思っても、実際にタイムがそういうタイムが出ていない

のであれば、「速くなった気がした」だけにすぎません。

 

講習会やパーソナルで、皆さんに速くなった!と感じて欲しいと思っていません。

ちょっとフォームを気を付けただけで、気が付いたらペースが上がっていた。

これが、ベストです。

スピードを上げようとして、スピードが上がるのは当然のことです。

 

ですが、フォームの事を意識して気が付いたらスピードが出てたは

動きの効率化されている、ということです。

ですから、「速くなった!」っと速攻で感じたときは

本当?っと疑うことをおススメします。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング、と言えど、その人に合った適切な距離と速度がある
  2. 座学のすすめ 【座学】ウォーキング講習会
  3. つま先を上げる と かかと着地の違い
  4. 競歩式最強ウォーキング廉価版を読んで100㎞&マラソンに出場され…
  5. 【座学】ランニング・ウォーキングのための心拍数を活用した、トレー…
  6. 初心者の競歩選手を悩ます、脛の張り
  7. 五輪のスタート時間は誰のもの?
  8. 動画で自分のフォームを撮影 フォームチェックで持ちたい感覚とは?…
PAGE TOP