ブログ

100㎞を《歩いて》9時間53分04秒でゴール サロマ湖100㎞2018 

サロマ湖100kmを歩いて(競歩)で、指導をしている選手が出場しました。

初めての100㎞挑戦でした。

彼は日本のトップ選手で、五輪に2大会連続で出場しています

そして、5月の世界競歩チーム選手権では7位入賞している選手です。

 

ラップタイムは以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

彼は4’00/㎞(時速15㎞)で20㎞を歩けます

試合結果報告で

「60km以降で足がぱったり止まってしまいました」

とのコメントがありました。

ちなみに、ぱったり止まったと彼が感じているスピードは

ほぼ6’00/㎞(時速10㎞)です。

そりゃ、1㎞で2分も遅くなれば、止まった。。。と感じます。

 

現役日本代表クラスということは、そういうレベルということなのです。

Follow me!

関連記事

  1. 【実践】ウェストを引き締め、くびれを作るウォーキング
  2. ウォーキングを向上させるトレーニング方法③ 良いフォームと悪いフ…
  3. 自分の最大心拍数を知れば、運動の質が向上します
  4. ものとごとが上達する思考 とは?
  5. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  6. 【講習会参加者の声】ウォーキング講習会in浦和
  7. 世界陸上 選手の体型をジロジロ見よう!
  8. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
PAGE TOP