ブログ

暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷やそう!

ウォーキング後も身体は冷やしましょう

どちからというと、ウォーキング後(運動後)の方が身体を冷やすことが

いままでの「暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方」シリーズで

一番大切だと思います。

 

運動後、筋肉が熱を持ち続けた状態を保つと、

身体はまだ運動している最中だと勘違いしてしまい、疲労回復モードになりません。

身体に篭った熱を早く冷まさなければ、関節も熱を持ったままとなり

身体を動かしていないのに「炎症」を起している状態になります

膝などの関節に痛みを感じる原因になるので、身体の熱は早く取り除くのが鉄則です。

 

熱のとり方はシンプルに冷水シャワーを浴びる、です。

では、どれぐらい浴びれば良いかと言うと、身体を触って冷えていると感じるぐらいです。

短時間だと体温の方が勝るので身体を触っても冷えている、とは感じにくいです

しっかりと粗熱をとるのが大切です。

だいたい3-5分も浴びれば身体は冷えます。

 

痛みや違和感を感じている部分があれば念入りに冷やしましょう!

Follow me!

関連記事

  1. ようやく大阪で開催できます!
  2. 20㎞競歩を強くしたい
  3. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  4. とにかく、スポーツを観まくってます。TVですが。
  5. 子供と競歩VSラン対決してきました!
  6. ウォーキング 競歩 大阪講習会の会場 大阪城公園 を選んだ理由
  7. 100㎞でのペースや 糖の話の最終回(とりあえず)
  8. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
PAGE TOP